和歌山県でも外壁の塗り替えというのは見かけを美しく保持するといった効果だけでなく、本来は建造物をおおって守っていくのが役割になります。外壁は塗膜でおおうことによって保全されているのですが、時の経過につれて傷んでいき、ヒビ割れを起こしたりしてしまいます。そうなると家を守る事ができなくなって、土台等の建造物の内側にまで傷つく可能性がでできます。外壁が傷んでから塗り替えを行うということではどうしようもないですから、そうした事態を回避するために周期的な壁の塗装作業は欠かせません。しっかりケアを行っていくことで家屋の価値も高くなります。

外壁と同様に屋根のケアも必須になります。屋根は壁よりも風雨をうけますので痛みやすいところですが、普段は目にしない部位ですし、痛みに敏感な人も和歌山県では多くはないです。傷むと内部に水がしみこみ浸食等がおきてくるときもあるため、定期的な手入れも必要になります。サイクルは壁と同じく7,8年くらいから十年前後にて屋根の塗装をやっていくのが普通のやり方ですが、日本瓦の場合は塗り替えはしなくてもOKです。