建物の外壁塗装をしてもらう時機というのは、家を建ててから、もしくは過去の外壁の塗り替えからの年数でいうと、一般的には富山県でもおよそ10年くらいになります。使っている塗装材などによって違ってきますが、基準としてその位です。ときには、新築時に質が悪い塗料で済ませていたり、ハナから塗装材 自体を利用していないような事もあって、そのようなときは早期に外壁部分が傷んでしまうというようなことも多々あります。外壁の塗装はひび等を防ぐというような役割もありますので、必ずするようにしましょう。

外壁の塗り替えをする時にしっかりやっておきたいのが色選びになります。さきに塗料のサンプルをもとに選ぶ形になりますが、実際に塗られてみると思っていたものとちがう風になったという事が富山県でも少なくないです。どうしても小さい見本で見る色と壁全体に塗装されたものでは雰囲気は差が出ることも多々あります。近所の住居との調和を想像してみることも大切です。通常は、鮮やかな色を選択すると年数とともに劣化が著しいので、落ち着きのある色彩を選ぶと失敗が少なくなります。