建物の壁の形態はモルタルの壁、サイディングボードが鳥取県でも多く、ほかにはトタン等です。モルタルの壁というのは、砂やセメント等を練り混ぜたモルタルを職人さんが壁に塗り、さらに塗料を塗って完成させるといったやり方で、サイディングボードが普及する前は日本家屋の主流でした。今のほとんどはサイディングを使った壁ですが、あらかじめ工場等で作り出されたサイディング材と呼ばれる壁材をくっつけていくように作り上げていきます。二タイプとも一定期間での壁の塗装作業が重要であるということでは同様です。

外壁の塗装作業の見積もりを業者にしてもらう時は、個々の会社に頼むのではなく、ネット、携帯から利用できるたくさんの会社にてまとめて見積もりを集められるサービスを使用するのが鳥取県でもおすすめです。個別に依頼すると業者は専任の担当者ですし、ほかの業者にも見積りを取ろうとしても契約させられてしまう場合もありますし、別の会社とくらべないと見積もりが適切な費用であるかも判断できません。直接営業の多い業界だけあって、業者も話をまとめようと全力できますし、交渉を有利にすすめることは困難です。複数業者にて一度に施工の見積りをくれるサイトならば、業者も、ちがう会社との合い見積もりになる事を前提で参加していますから、手間な交渉をせずに、いきなり安い額の見積もり価格が出されます。