外壁塗装を自身でやることができないかと検討する人もいると思いますが、オススメはできません。経験がある人であれば、うまくいくかもしれませんが、壁の色を塗りかえるくらいなら自分でもOKだという理解ならば、やらない方が安心です。外壁の塗装には家屋をガードするというような効果も含んでいます。下地調整をするケレン作業で古い塗装を取り除いてから、重ね塗りを施して完成させるというような施工というのは、どうやっても本業でないとむずかしいです。東京都でも塗料の費用は高くなっていますし、外見も低品質になる可能性も出てきます。

建物の外壁の型としてはモルタルの壁、サイディングが東京都でも多く、そのほかにはトタンや板ばりなどになります。モルタルの壁はセメントや砂と水等を練り混ぜて作ったモルタル材を職人さんが壁に塗って、塗料を塗って仕上げるという工法で、サイディング材が現れる前は日本の家屋の多数をしめていました。このごろの大半はサイディング材をつかった外壁となり、先立って作業場などにて生産されたサイディングと呼ばれる外壁材を貼り合わせるように施工します。両方の壁も定期的な壁の塗り替えが重要であるということでは変わりません。