建築物というのはできた瞬間から劣化し始めていますので、定期的に整備をしていく事が栃木県でも大切です。とりわけ家の外壁というのは日々雨風を受けて、じわじわとダメージを受けていきます。そのままで放っておくと外壁にクラックができてしまう等、修繕工事をしなくてはいけなくなってしまいます。外壁部分が壊れるのを防止するには周期的な外壁の塗り替えが必須です。外壁塗装というのは見栄えを美しくしておく以外にも、外壁を保全してクラック等を防止するという意味もあって、その結果、修理にかかる料金などを支払わなくてすみます。まだきれいなので不必要というようなことでなく、建築物を保持するのに必須なお手入れです。

外壁部分に汚れが目立ってきたら外壁塗装の時機になったと考えてください。外見が衰えてきているという事は塗膜の表面が日光等により組織を分解されてしまっているという事になります。一部だけ塗料が落ちているときも同様です。もっと劣化すると壁部分をふれたときに塗料が手に付着します。これらを塗料の白亜化と言い、栃木県でもこのようになったら外壁の塗装の時期と思っていいです。