家の外壁の塗り替えをやってもらうタイミングは、建物が完成してから、もしくは過去の外壁の塗り替えからの期間でいうと、通常は島根県でもだいたい10年前後です。つかっている塗料などによっても異なりますが、標準としてその程度です。中には、建設時に安い塗料で済ませていたり、塗装材 をつかってない場合もあり、そういう場合は早期に壁部分が劣化するということもあります。塗り替えというのはヒビなどを防止するという意味を持ちますので一定期間で行うようにしましょう。

壁の塗り替え会社というのは訪問営業がやっかいだというイメージが島根県でも一般的です。ちらしを配ることもありますが、塗り替えをしますよという感じに突然訪れることも多いです。どういう理由で飛び込み営業が多いのかというと、それは外壁が見えるからです。セールス担当者は住宅地をさまよい、一つ一つ家の壁部分を調査していき、外壁が古くなっている住居を探してあらわれるのです。無作為にセールスしてくるのではなく、外壁の塗り替えをすべきなところを見つけてたずねてくるのですが、場合によっては、迷惑な訪問営業をするような会社もあるため注意しなくてはなりません。