外壁にかびなどがつくと外見が悪いことはもちろん、壁の素地が傷ついてきていると考えられます。かび汚れは日陰の場所に発生しやすく、カビを防止する効き目が低い塗装材で塗られているときは早めにでてきます。家を建てる際は、費用を節約するために塗装材の質を低くする場合も多数あり、そうしたケースでは壁の劣化も早くなります。より老朽化すると、ひび割れなども発生し、埼玉県でも修理費用は高めになってきますので、すぐにも壁の塗装を行う事が大切です。

外壁塗装業者は戸別営業がやっかいだといったイメージが埼玉県でも一般的です。広告ちらしをいれてくるのはもちろん、外壁の塗装をすべきですよという感じに不意にあらわれる場合も多くなっています。何故直接営業ばかりするのでしょう。その理由は壁部分が丸見えだからです。業者のセールスは、住宅地を散策して、一軒ずつ外壁を調べていき、壁部分がキズついている住まいを見つけて営業をかけているというわけです。無作為にセールスしてくるのではなく、外壁の塗装が必要なところを選んで現れるのですが、なかには、執拗な戸別営業をするようなところもあるため注意しましょう。