壁と同じく屋根の整備についても必須になります。屋根というのは壁以上に風雨を受けますので傷つきやすくなる場所ですが、普段は見えないところですし、いたみを気にかけている人も津久野では多くはありません。傷ついていくと建物の内部に水分が入って腐食等が起きるときもありますため、周期的な整備も不可欠になります。年数は外壁と同じように約7,8年程度より10年程度を目安に塗装をやっていくのが普通のやり方ですが、日本瓦は塗り替えを行う必要はありません。

見積りの時に注視しておく箇所としては下地処理を行うケレン作業か挙げられます。これまでの塗装の油膜を取って壁のコンディションを整えておく作業で、この工程をしておかないと、塗り替える塗装材がしっかり機能しなかったり、早い段階でとれてしまったりすることもあります。津久野でも、ケレン作業というのは手間と時間がかかるため、なかには、これを省略する業者も存在するので注意しなくてはなりません。期間がすごく短かったり、金額が非常に安かったりする時は、この施工をしているかを見ておきましょう。省略されている際には質問をぶつけてみるようにして下さい。