建物の壁の塗装をしてもらうタイミングは、完成してから、あるいは過去の外壁塗装からの期間でいうと、一般的に広島市西区でも約10年程度です。無論、使っている塗料などによって差はでますが、だいたいそれくらいになります。ときには、建設時に質の低い塗料をつかっていたり、そもそも塗装材 そのものをつかってないような事もあって、そのような場合には早く壁がいたんでしまうといったこともありがちです。壁の塗り替えというのはヒビなどを防ぐ役割を持ちますので必ずやるようにしてください。

外壁塗装業者というのは戸別営業が多いという印象が広島市西区でも広まっています。ちらしをいれてくることもあるのですが、外壁塗装をしませんかといったようにとつぜんセールスしてくる場合もよくあります。何ゆえに直接営業をしてくるのかというと、それは壁部分が道路から見えるからです。業者の担当者は街を行き来して、それぞれの外壁部分を見ていき、外壁部分が劣化している家を探して営業してくるというわけです。手当たり次第に訪問しているというわけではなく、外壁の塗装をすべきな家を選んであらわれるのですが、場合によっては、しつこい直接営業をしてくるようなところもあるので注意を払うことが必要です。