羽生市でも塗り替えは美観を綺麗に保持するねらいにかぎらず、そもそもは家屋を防水して保護することが目的です。壁というのは塗膜で覆い隠すことにより保護されているのですが、年月が経つにつれ老朽化が進み、ひび割れたりします。そのような感じになってくると建造物を保全することが困難になり、土台等の建築物の内側まで巻き込んでいく場合もあります。壁の素地が劣化してから外壁の塗り替えを施すということではどうしようもないですから、そのような状況を回避するためにも早期の外壁の塗装が重要です。きちんと手入れをすることで建物も長くもちます。

壁と同じように屋根のメンテナンスについても大切です。屋根は外壁以上に紫外線にさらされますので傷つきやすくなるところなのですが、ほとんど目に入らないところですし、老朽化を気にしている方も羽生市では多くないです。劣化すると、家の内部に水分がしみこんでカビ等が起きる場合もありますため、周期的な手入れが大事になります。時期としては外壁と同じく七年程度より十年程度で屋根の塗装をしていくというのが普通のやり方ですが、瓦は塗り替えをやる必要はありません。