建物の外壁には、サイディングボードという人工の外壁材も矢場町ではたびたび使用されています。サイディングボードは整備が必要ないという印象をもっている人も少なくないようですが、モルタル外壁と同じように塗り替えは大切です。10年程度で塗り替えをしていけば、三十年程度はつかえますが、塗り替えをしないでいると早期にクラックなどのような問題により利用できなくなってしまうこともあります。サイディング材であっても外層は塗装の皮膜で保持されていることに変わりはありません。

外壁の塗装を施す時に気をつけておきたいのが壁色の決め方です。あらかじめ塗料の色見本を見ながら決定する形になりますが、実際に完成すると思っていたものとは別物に仕上がってしまったということが矢場町でもよくあります。色サンプルで見る色の雰囲気と外壁全面に塗装されたものでは印象は差が出るものです。まわりの建物の色とのフィット具合を心に留めてみる事も重要になります。一般的には、ヴィヴィッドな色彩を選択すると年月が経っていくうちに汚れが出てくるので、落ち着きのある色を選択すると無難です。