塗り替えを個人でやることができないかと思う人もいらっしゃると思いますが、あまりオススメはできません。技術がある人であれば、可能であるかもしれないですが、壁の色をつけるのみなら自分ひとりでもやれるというくらいの理解なら、やらないほうが無難です。塗り替えには家屋を守っていくといった狙いも持っています。下地処理のケレン作業にて元の塗装材の油膜を落として、重ね塗りを行って完成させるといった施工は、どうしても専門家でないとうまくいかないです。大安寺でも塗装材代はかかってきますし、美観も汚くなってしまうリスクが高くなります。

壁の種類では、モルタル外壁とサイディングというのが大安寺でも多く使われ、ほかにはトタンや板等となります。モルタル外壁は、砂やセメントなどを混ぜ合わせて作ったモルタルを左官職人が壁につけて、塗装して作り上げるという工法で、サイディング材があらわれる前は日本の家屋の大半をしめていました。今の主流はサイディングボードを使った壁ですが、前もって加工場などにて作られたサイディング材と呼ばれる壁材をくっつけていく形で施工します。いずれも定期的な壁の塗り替え作業は必要であるという点では違いはありません。