壁と同様に屋根の管理も大切です。屋根というのは外壁とくらべても日光の影響を受けますので老朽化も早い部分なのですが、そうそう見ないところですし、劣化を危惧する方も上越市では多くありません。古くなると、内側に水分が入り込んでカビなどを引き起こすケースもあるので、定期的なメンテが必要です。年数はというと外壁と同様にだいたい七年くらいより十年前後を目安に屋根の塗装をしていくというのが通常ですが、日本瓦の屋根は塗り替えをやる必要はないです。

壁部分の表層にかび汚れなどがつくと見栄えがよくないだけでなく、外壁の劣化が進んでいると考えて大丈夫です。カビ汚れはジメジメした部分に発生しやすく、かびを予防する効果が低い塗装で塗られている時はすぐにも生じます。建築の際は、経費をカットするため塗装材の品質を低くするといった場合も多数あり、それらの時には塗料も痛みやすくなります。もっといたんでいくとヒビなどもおきて、上越市でも修繕の料金は大きくなってきますので、早い年数で外壁の塗装を施す事が重要です。