外壁部分には、サイディングと呼ばれる板上の外壁材というのも相生市では多く使用されています。サイディング材はケアがいらないというようなイメージをいだく方も少なくありませんが、モルタル外壁と同じく外壁の塗り替えは不可欠です。だいたい10年前後で塗装を行っていけば、30年位は使用できますが、塗装をしないと早い年数でひび割れなどのような異常で使えなくなります。サイディングボードでも外側は塗装の皮膜で保護されているという事は同じです。

建築物はできた時点から老朽化が始まっているので、つねに整備をしていく事が相生市でも必要です。とりわけ建物の外壁部分というのは絶えず太陽光にさらされて、ゆるやかに傷ついていきます。何もしないでいると外壁にヒビ割れが入ってしまうなど、修復作業をすることになります。建物の外壁がこわれてしまうのを押さえるためには一定期間での塗り替えは大切です。壁の塗装というものは外観をきれいに保持することに限らず、壁を整備してヒビなどを防ぐという意味ももち、結果として修繕の料金等を払わなくてもすむのです。汚れが目立たないから不要というような事ではなく、建築物を保持するのに欠かせないメンテナンスであると言えます。