壁の塗装をお願いする時機というのは、家を建ててから、または過去の外壁塗装からの期間でいうと、通常は津田沼でもおよそ十年くらいです。無論、使っている塗装材などで変わってきますが、平均してそれくらいです。時には、新築の際に質が悪い塗料を利用していたり、塗装材 を使ってなかったりする場合もあり、そのような時には早期に外壁が傷んでしまうといったことも多いです。外壁の塗り替えというものはひび等を防止するというねらいもあるので、必ず行うようにしてください。

見積もりのときにチェックしておく箇所として下地処理を行うケレン作業が考えられます。古い塗装を落として外壁の具合の調整をほどこす工程で、これをやらないと、新しい塗料がきちんと機能を果たせなかったり、すぐにもとれてしまったりすることもあります。津田沼でも、下地処理を行うケレン作業というのは時間がいるので、中には、これらをやらないで済ます会社もあるようなので注意しましょう。期間が非常に早かったり、代金があまりに安かったりする場合は、下地調整のケレン作業を行っているかを見ておきましょう。記述がない際にはたずねてみるのがよいです。