壁の塗り替えをするときにしっかりやっておきたいのが壁色の選択です。先立って塗装材のサンプルによって決定する形になるのですが、塗られてみると考えていた色と違う色になってしまったというようなことが熊毛郡屋久町でも少なくないです。色サンプルの色の雰囲気と外壁すべてに塗られた色とでは印象はちがってきてしまうことも少なくないです。近所の家屋の色との釣り合いを想像してみることも大切になります。一般的に、目立つ色彩だと年月の経過とともに色の衰えが目立ってきますので、落ち着きのある色を選択すると間違いが少ないです。

壁の形態は、モルタルとサイディング材が熊毛郡屋久町でも通常で、そのほかにはトタンや板ばり等となります。モルタルは砂とセメント等を練り合わせたモルタルを職人が壁に塗って、さらに塗装をして施工する工法で、サイディングボードがあらわれる以前は日本の家のほとんどをしめていました。現在のほとんどはサイディング材を使った外壁で、あらかじめ工場などにて作り出されたサイディングという外壁材をくっつけていく形で施工します。いずれも何年かおきの外壁の塗り替えは重要であるという点では違いはありません。