鹿屋市でも外壁塗装には表向きを綺麗にするという目的のみでなく、そもそもは建造物を防水して保持する事が役目です。壁の下地というのは塗装でカバーすることで守られているのですが、年月の経過とともに老朽化して、剥がれたりしてしまいます。そうなってくると家屋を保護することがむずかしくなり、柱等の家屋のつくりにまでいたんでいく場合もあります。外壁が劣化してから外壁の塗装を行うのでは遅いので、そのような事態を防ぐために早い段階での外壁の塗り替え作業が不可欠です。しかるべくメンテナンスを行うことで家の寿命も長くなってきます。

外壁部分にはサイディング材という人造の外壁も鹿屋市では一般的に用います。サイディングであればケアをする必要がないというイメージをもつ方も多いと思いますが、モルタルの場合と同じく外壁塗装は不可欠です。10年前後で塗り替えを施していけば、およそ30年程度は長持ちしますが、塗装をせずにいると早い年数でひび等のような症状によって使用不可能になってしまいます。サイディング材だとしても表面は塗料により保護している事は同じです。