外壁の塗装を施す時にしっかりやっておきたいのが色の選択になります。予め塗装材のサンプルを元に決定する形になりますが、実際に塗ってみると思っていた色とちがうようになってしまったということが加古川市でも多くなっています。色見本の色と壁全体に塗られたものではイメージは違ってきてしまうことも少なくありません。周りの建物の色とのつりあいを想像してみることも必要です。一般的に、鮮明な色彩の場合は時が経つと色の減衰が著しいので、穏やかな色を選ぶと失敗がありません。

壁に生じる問題には、ヒビ割れやカビ汚れ等がよくあります。クラックはというと乾燥や構造の歪みなどから生じますが、多くのケースで修復は可能です。カビはジメジメした場所につきやすく、塗装のかびを防ぐ効力が弱かったりすると起こりがちです。すぐに対応する状態ではありませんが外観も汚いですし、そのままで放置していると傷み始めますので壁塗装を検討する事も選択肢です。塗装の塗膜が取れるという事は加古川市でも珍しいのですが、大概の場合は施工上の失敗です。