外壁と同様に屋根のケアについても大切になります。屋根というのは外壁以上に日光の影響を受けますので傷つきやすくなる場所なのですが、めったなことでは目にしないところですし、劣化に気づく人も京都市上京区では多くはありません。傷んでいくと、中に水分がしみこみ腐食などがおきる事もありますので、一定期間での整備が大切です。時期は外壁と同様に7,8年位から10年程度にて塗り替えを行うのが通常ですが、瓦は塗り替えをする必要はありません。

建造物は出来上がったときから劣化が始まっていますので、つねに維持管理をしていく事が京都市上京区でも必要です。とりわけ壁部分はいつも太陽光の影響を受けて、じわじわとダメージを受けていきます。そのままほったらかしておくと外壁にひび割れが入ってしまうなど、修理をしなければならなくなります。外壁部分が劣化するのをとめるためには周期的な外壁塗装は重要です。塗り替えというものは見た目をきれいに保持することにかぎらず、壁を補強してヒビなどからガードする狙いもあって、結果として補修の料金などを節約できるのです。まだキレイなのでしなくていいといった事でなく、家を保持するために欠かせない作業になります。