建物の壁部分にはサイディング材と呼ばれる板上の外壁材というのも西脇市では一般的に使用されています。サイディングボードというのは整備をしなくていいという印象をいだく人も多いようですが、モルタルの壁と同じく塗り替えは必須です。およそ十年くらいで塗装を施せば、だいたい三十年程度はもちますが、塗り替えをしないとすぐにもヒビ割れ等といったトラブルにより利用できなくなってしまいます。サイディング材であっても表層は塗料で保護していることに違いはないです。

外壁塗装を独りで行うことができないかと知恵をしぼる人もいますが、あまりオススメはできません。腕に自信がある人であれば、うまくいくかもしれないですが、外壁の色を塗っていくだけだから自分でも差し障りないといった考えの場合は、業者に頼んだ方が無難です。塗り替えには住居を守っていくというような大事なねらいも含んでいます。下地処理のケレン作業で今の塗装材の膜をのぞいて、重ね塗りをして仕上げていくというような作業は、どうやっても本業でないとうまくいかないです。西脇市でも材料の費用は高価ですし、見かけも変になるという危険も出てきます。