志木市でも塗り替えというのは見栄えを綺麗にするというような目的もありますが、本来は家を覆って保持する事が狙いです。壁の下地というのは塗料にて覆うことで守られているのですが、時間が経っていくうちに劣化が進み、ヒビ割れを起こしたりしてしまいます。そのようになると建築物を守っていく事ができなくなって、下地などの建築物の内側まで傷つくことも考えられます。外壁がいたんでから外壁の塗装をするのでは後の祭りなので、そうした事態を避けるために定期的な外壁塗装は必須です。しかるべくメンテナンスを行っていくことにより建物の価値も高くなります。

外壁部分の色あせが目立ってきたら、塗り替えの時機であると思って大丈夫です。外見が変化してきているということは、塗膜の外側が太陽光などにより組織を壊されてきているということです。塗料が剥落してきているときも同様になります。より劣化すると壁を手で触れた時に塗料が手につくようになります。これらを白亜化といい、志木市でもこの症状になったら外壁塗装の時機と考えてください。