壁の塗り替えについての見積もり書がでたときに目を通しておく点としては重ね塗りの作業があります。京都市でも通常重ね塗りというのは上塗りと中塗り、下塗りの三回施工します。日差しがあたる南の方角等、いたみが激しいところについては四回施工する事もあり、日射が当たらない場所については二回となることも考えられます。重ね塗りを何回行うかによりつかう塗料の費用も異なりますのでしっかり確認しておきましょう。見積り書では、重ね塗りを何回施すかを見て、記述がないときはたずねてみるようにして下さい。あやふやな答えを返してくるところは別の業者にした方が無難です。

どういった外壁の塗装業者にすればいいか決まらないという方は京都市でも多数います。たちの悪い戸別営業を行う業者はやめたいが、とうすれば良いのかちんぷんかんぷんだという方も多いです。そうした際には、携帯とインターネットでできる多くの業者からまとめて作業見積りをもらえるサービスを使うのがおすすめです。一度質問に答えるだけで、複数の会社にてまとめて作業の見積もりを受け取れるサービスで、細かな要件に通った所しか登録できないので、いかがわしい業者は除かれています。利用者から苦情が出るところはサービスから排除されますので心配しないで利用することができます。