外壁の塗装をお願いするタイミングというのは、家ができてから、あるいは過去の外壁の塗装からでいうと、基本的に金沢市でも10年前後です。使っている塗料などにもよりますが、平均してそれくらいです。中には、建設時に低品質の塗料を利用していたり、ハナから塗料を使用していないような事もあって、そのときは早めに外壁が傷つき始めるというような事も多々あります。壁の塗り替えはヒビ割れなどから守る目的をもちますので一定期間でするようにしましょう。

外壁の塗装のちらしでは10年保障というようにうたっている業者も金沢市では多いです。十年間であればありがたいといった方も多いと思いますが、チェックしておきたいのはその意味になります。大多数のケースでは対象となるのは壁の所のみで、壁から塗料が剥がれてしまったケースのみ保証が効きます。しかし、外壁から塗装材が剥がれるというケースはめったにありませんし、壁よりも剥がれ落ちてしまいやすい鉄部やトタンなどというような部位は10年保障が効かず、せめても三年程度といった保証の中身であることがたいていのようです。