外壁と同様に屋根のメンテについても重要になります。屋根というのは外壁と比較しても太陽光をうけるのできずつきやすくなる部分ですが、めったなことでは見ない場所ですし、痛みに気づく人も土居では少ないです。老朽化が進むと家の中に雨が入ってきて腐敗等がおきる時もあるので、何年かごとの手入れも重要です。サイクルは外壁と同じようにだいたい七年くらいより十年位にて屋根の塗装をしていくというのが普通のやり方ですが、瓦の場合は塗り替えを施す必要はないです。

外壁塗装についての見積り書が出されたときに確認しておく箇所としては重ね塗りの工程が考えられます。土居でも通常は重ね塗りの回数というのは上塗り、中塗り、下塗りの3回施します。とはいえ、太陽光をうける南西の方角等、痛みが多いところについては四回実施する事もあり、太陽光が当たらないところについては二回になる事も考えられます。重ね塗りを何回行うかで用いる塗料の代金も変わってきますのできっちり確認しましょう。見積もりについては、これらを何回するかをチェックし、省かれている場合は聞くようにしましょう。雑な対応をしてくる業者は回避したほうが良いです。