壁と同様に屋根のケアも必須になります。屋根は壁と比べても風雨の影響を受けるので傷みやすい所なのですが、いつもは目にすることはないところですし、いたみを心配する人も座間市では多くないです。傷んでいくと、建物の内部に水分が入ってきてカビなどが生じてくる場合もあるので、何年かおきの管理も必要です。サイクルは外壁のように7,8年前後から10年程度を目安に屋根の塗り替えを行うというのが普通ですが、日本瓦の場合は塗り替えをする必要はありません。

外壁に汚れが目立ってきたら壁の塗装の時期だと考えていいです。見かけが違ってきているということは、塗料の外側が日光などにより樹脂を分解されてしまっているということになります。塗装材が落ちてしまっているケースも同様です。さらに傷んでいくと、外壁部分を手で触った時に塗装が手に付着してきます。この現象を塗料の白亜化と称し、座間市でもこうなったら壁の塗り替えのタイミングとされています。