建物はできた瞬間から古くなり始めていますので、常にお手入れをしていく事が帯広市でも重要です。特に建物の外壁部分は毎日日差しの影響を受けていて、じわじわと劣化します。そのままで放置しておくと壁にクラックが入ってしまう等、修理が必要になってしまいます。外壁が壊れるのを防ぐには周期的な外壁の塗り替え作業は必要です。塗り替えというのは外見をきれいに保持するのみでなく、外壁を保全してヒビ等を防止する狙いも持ち、その結果として補修の費用などを支払う必要がなくなります。汚れてないので不要であるといった事でなく、建築物を保護するのに必須なお手入れになります。

壁部分につやがなくなってきたら外壁の塗装のタイミングだと考えてください。色がちがっているのは塗料の表面が日差し等で樹脂層を分解されてしまっているということです。部分的に塗膜が剥がれてしまってきているときも同じです。より劣化すると外壁部分を指で触った際に塗装材が手につくようになります。この現象をチョーキング現象と呼び、帯広市でもこのような感じになったら壁の塗り替えのタイミングと考えていいです。