建物の外壁部分が色あせてきたら、外壁塗装のタイミングであると考えられます。見栄えが劣化しているという事は塗装材が太陽光等により組織を分解されてしまっているという事になります。塗装が剥脱してしまっているケースも同じです。もっと傷ついていくと、外壁部分を触った時に塗料が手につきます。これらを塗装の白亜化といい、雀宮でもこの症状になったら塗り替えの時期と考えてください。

建物の壁に起こるトラブルには、ひび割れとかカビやコケ等がよく見られます。ひび割れはというと家の歪み等が要因で起きますが、ほとんどのケースで修復可能です。カビはというとジメジメしたところにでやすく、塗装材の防かび剤の効力が弱かったりしたときに生じます。すぐにどうにかすべき状況ではないのですが見かけも良くないですし、何もしないでいると老朽化し始めますので外壁の塗り替えをするのも考えられます。塗装材が剥がれるという事は雀宮でもあまりないのですが、たいがいのケースは作業上の間違いになります。