壁部分にコケなどがでると見栄えがよくないことはもちろん、壁の素地がいたんでいると思ってください。苔は太陽光が当たらないところにでやすく、カビを防止する効力が低い塗装材をつかっている時はすぐにもできてきます。建物を建てる時には、諸費用を削るため塗装の品質を落とすことも多く、そうした際には壁の老朽化も早くなります。もっと傷んでいくとひび等も発生し、沙流郡平取町でも修復の費用は大きくなりますので、早い年数で外壁の塗装をする事がポイントです。

家の外壁部分が古ぼけてきたら、壁の塗り替えの時期が来ていると判断できます。外観がおとろえているという事は、塗膜の外側が風雨などにより顔料を分解されているという事になります。部分的に塗料がはがれてきているケースも同様になります。さらにいたむと、外壁部分を手で触った時に塗装材が付着するようになります。このことをチョーキング現象といい、沙流郡平取町でもこのようになったら塗り替えの時機と思っていいです。