見積もりの際に見るポイントとしては下地処理を行うケレン作業が考えられます。以前の塗装の塗膜を除いて壁の具合の調整を行う工程で、これらを飛ばしてしまうと、新しい塗装材がしっかり塗れなかったり、早めに剥がれ落ちたりすることも多いです。直方市でも、下地処理を行うケレン作業というのは労力がいるため、中には、これらの工程を飛ばしてしまう所もあるようなので注意が必要です。作業日程が極端に短期間だったり、金額がすごく安価だったりする際には、下地処理のケレン作業を行うかを注視してください。記載していない際には訊ねてみるようにしましょう。

外壁と同じく屋根の手入れについても重要です。屋根というのは外壁よりも紫外線をうけるので痛みやすい部位なのですが、いつもは目にしない所ですし、老朽化を心配している方も直方市では少ないです。老朽化が進むと、家の内部に雨が入って侵食等の原因になるときもあるため、何年かおきの管理が必須になります。時期としては壁のように約七年程度から10年位にて屋根の塗り替えをするというのが原則ですが、瓦は塗り替えはしなくても大丈夫です。