見積もりのときに点検する項目としては下地処理を行うケレン作業があります。古い塗装の膜を除いて外壁の下地の調整をしていく作業で、これらの作業を省くと新たな塗装材がきちんと効き目を出せなかったり、早い年数で剥がれたりしてしまいます。備前原でも、ケレン作業というのは手間と時間がいるので、中には、この施工を省くところもあるので気をつける必要があります。完成までの日程がかなり少なかったり、料金がかなり安価な際には、下地調整をするケレン作業のありなしを見ておきましょう。書いていない時は聞くようにしてください。

外壁の塗装をする時期というのは、家を建ててから、または前回の外壁の塗装からの年数でいうと、通常、備前原でもだいたい十年前後になります。塗料等によって違ってきますが、だいたいそのような感じになります。ときには、建築の時に粗悪な塗料で済ませていたり、塗料そのものをつかっていなかったりする時もあり、そのような時には早めに壁が劣化し始めるという事も多いです。壁の塗り替えはヒビ等を防止するねらいをもちますので、必ずやってください。