壁と同様に屋根の管理も不可欠です。屋根は壁と比べても日差しにさらされるので痛みやすい場所なのですが、普段は見ない箇所ですし、老朽化を心配する方も東牟婁郡那智勝浦町では多くはありません。いたんでいくと中に雨がしみこみ腐食などが生じてくる場合もありますので、何年かごとの整備も必須になります。サイクルは壁と同様におよそ七、八年位から十年くらいを目途に塗装を施すのが通例ですが、日本瓦の場合は塗り替えを行う必要はありません。

外壁部分に起こりがちな症状としては、ヒビとかカビ等がよく見られます。ヒビは乾燥状態や家の歪みなどが要因で起こりますが、多くの場合では修理可能です。カビについてはジトジトした場所に発生しやすく、塗装材のかびを防ぐ効力が弱かったりした時に生じます。切迫してなんとかする問題ではありませんが美観も汚いですし、ほったらかしていると劣化しますので外壁の塗り替えを施すのも選択肢になります。塗膜がとれるということは東牟婁郡那智勝浦町でも少ないのですが、ほとんどのケースは作業の過ちによるものです。