壁の分類としてはモルタル外壁、サイディング材が白糠郡白糠町でも多く使われ、その他だとトタンや板ばりなどとなります。モルタルというのは、セメントや砂と水等を練り合わせたモルタル材を職人さんが壁に塗りつけて、塗装をして施工するといったもので、サイディング材が登場する前は日本の家のほとんどをしめていました。近年のほとんどはサイディングの壁で、前もって加工場等で作り出されたサイディングボードと呼ばれる外壁材を貼っていく形で仕上げていきます。二タイプとも周期的な壁の塗装は重要であるということでは変わりはありません。

外壁塗装についてのビラを見てみると10年長期保証ですと記載してある会社も白糠郡白糠町では少なくありません。10年間であれば充分だというような方もたくさんいますが、見ておきたいのが保障の内容です。ほとんどのケースでは保障が認められるのは外壁部分だけで壁から塗装材がはがれてしまった時だけ保障の対象となります。ただ、壁から塗装材がはがれ落ちるというケースはそうそうないですし、外壁よりはがれてしまいやすい木部やトタン等といった箇所は10年保障はされず、せいぜい3年くらいというような保証の中身であることが大部分です。