外壁の塗装のビラでは10年保証ですというように記述している業者も習志野市では少なくないようです。十年保証なら大丈夫だというような人も多いですが、注意したいのがその中身になります。大多数のケースでは保証が認められるのは壁の所だけで壁から塗装材が剥がれ落ちてしまった時のみ保証の対象となります。とはいえ、外壁から塗装がとれてしまう事はそうめったにはありませんし、壁に比べたら剥がれてしまいやすい鉄部などの部分は10年間保証が効かず、せいぜい3年位というような保証の内容になっている事が大部分のようです。

持ち家の壁の塗装を依頼する時機は、新築してから、あるいは前の壁の塗装からの期間でいうと、一般的に習志野市でも約10年前後です。つかっている塗料などで変わってきますが、目安としてその程度です。なかには、建設の時に安い塗料を使っていたり、もとより塗料を利用していないような場合もあり、そういったときはみるみる外壁部分が劣化してしまうといった事も多々あります。塗り替えというものはひび等を防ぐといった役割もありますので、一定期間で行うようにしましょう。