外壁部分の表面にカビ汚れ等があると見栄えが悪いだけにとどまらず、塗料が傷んでいると判断できます。カビはジメジメしている部分につきやすく、防かびの効果が低い塗装をつかっている時は早い年数であらわれます。家を建てるときには、支出を抑えるために塗装の質を下げるといった事も多々あり、それらのケースでは塗料の老朽化も早くなります。より傷むと、破損なども生じ、小平市でも修理にかかる費用が高額になりますから、早い年数で塗り替えを行う事が必要です。

外壁の塗り替え会社というのは直接営業がやっかいだというようなイメージが小平市でも持たれます。ちらしを配ってくるだけでなく、壁の塗装をしますよという風に直接営業してくることも増えつつあります。どうして訪問営業をするのでしょう。そのわけは外壁が丸見えだからです。セールス担当者は住宅街をさまよい、おのおのの建物の壁部分を確認していき、壁部分が古くなっていたりする所を見つけたらたずねてくるというわけです。全部の家にたずねてくるというわけではなく、外壁の塗り替えをするべきところを選んで現れるのですが、なかには、行き過ぎた戸別営業をするような会社もあるので注意を払わなくてはなりません。