家の壁の形としてはモルタルの壁やサイディングボードが善導寺でも一般的で、他だと板張り等になります。モルタルというのは、セメントや砂と水などを練り混ぜたモルタル材を左官職人がつけて、そこに塗装して作る工法で、サイディングボードが開発される以前は日本の家の多数をしめていました。この頃の主流はサイディング材を用いた外壁となり、さきに作業場などで作り出されたサイディング材と言われる壁材を貼る形で作っていきます。二タイプとも定期的な外壁の塗り替え作業は必須であるという点では同様になります。

外壁の塗装についての見積りをもらった時に確認しておく点として、重ね塗りがあります。善導寺でも通常は重ね塗りの回数は下塗りと中塗りと上塗りの三回実施します。日射があたる方角など、劣化が厳しいところは4回になることもありますし、太陽光が当たらないところは2回になることもあります。重ね塗りを何回やるかにより塗料の量も費用も異なってきますのでしっかり気をつけましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回するかを注視し、記載していない時は伺ってみるようにしてください。不明瞭な返答をしてくるところは頼まない方が賢いです。