壁のように屋根のメンテナンスについても必須になります。屋根は壁と比べても日差しをうけるので傷つきやすくなる場所ですが、ほとんど見ない所ですし、劣化を気にする方も亀有では多くないです。傷んでいくと、内側に水が入ってカビ等が起きることもあるので、何年かごとの手入れも必要になります。年数はというと外壁と同じく七年位から十年位にて屋根の塗り替えをするというのが通例ですが、瓦の場合は塗り替えを施す必要はありません。

建築物というものは完成したときから劣化が始まっているので、定期的にお手入れをすることが亀有でも大切です。とくに壁というのは絶えず太陽光の影響を受けていて、だんだん痛んでいきます。ほったらかしておくと外壁にひび割れが入る等、修繕をしなくてはいけません。家の壁がこわれてしまうのを防止するためには定期的な外壁の塗装作業が欠かせません。外壁の塗り替えは見栄えをかっこよくしておくだけにとどまらず、外壁部分を増強してひび割れなどからガードするといった狙いもあり、そのため修復料金等を払わなくてもすむのです。まだキレイだから不要であるというようなことでなく、建築物を保護するのに重要なメンテナンスであると言えます。