建物は完成した段階から劣化が始まっているので、常にお手入れをすることが青森市でも必要です。とりわけ壁というのは絶えず風雨をうけて、ゆるやかにダメージを受けていきます。その状態のまま何もしないでおくと外壁部分が割れるなど、修理をしなくてはいけなくなってしまいます。家の壁の劣化を防止するには塗り替え作業は不可欠です。外壁の塗り替えというものは外見をキレイにしておくだけにとどまらず、壁部分を増強してひび割れ等を防ぐねらいもあり、その結果として修復費などを払わなくてすみます。まだキレイだからしなくて良いといったことでなく、家を守っていくために大切なメンテナンスであると言えます。

家の外壁の形態はモルタルとサイディング材が青森市でも普通で、それ以外にはトタンや板などとなっています。モルタルの壁というのは砂石やセメントなどを練り混ぜて作ったモルタルを左官屋が壁に塗りつけて、その上に塗装材を塗って作るというもので、サイディングが出てくる前は日本の家の多数をしめていました。この頃の大部分はサイディングボードをつかった壁ですが、さきに作業場等で作成されたサイディングボードという外壁材を貼るように施工するものです。二つとも一定期間での壁の塗り替えは大切であるという点では違いはないです。