外壁と同じように屋根のメンテナンスも必要です。屋根というのは壁と比較しても日差しの影響を受けますので劣化も早い場所ですが、あまり目にすることはないところですし、老朽化を危惧する方も中庄では多くはありません。古くなると建物の内部に水が入り込んで侵食などが起きてくる場合もありますので、定期的なメンテが重要になります。サイクルはというと外壁のように七、八年前後から10年くらいを目安に塗り替えをしていくというのが原則ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えはいりません。

外壁の塗装を自分で行うことができないかと思う方もおりますが、あまりすすめられないです。技術がある人ならば、可能であると思いますが、壁の色を塗りかえるくらいなら一人でもOKだというくらいの意識ならば、やらない方が良いです。外壁の塗り替えには住居を守っていくというような重要な目的も持っています。下地調整のケレン作業にて元々の塗装を落として、重ね塗りしながら仕上げていくという工程というのは、どうやっても専門家でないと歯が立たないです。中庄でも塗装材の代金は高いですし、外観も雑になってしまう危険性も出てきます。