持ち家の外壁の塗り替えをする時機というのは、建築してから、あるいは前回の外壁の塗装からでいうと、基本的に大倉山でもだいたい十年程度です。無論、環境などで変わりますが、標準ではそれくらいです。場合によっては、新築の時に安価な塗料を使用していたり、塗料を使ってなかったりする事もあり、そうしたときには早々に外壁部分が老朽化するというような事も少なくないです。壁の塗り替えはひびなどを押さえるといった役割もあるので定期的にやるようにしてください。

壁の塗り替えの見積り書を受け取った際に目を通しておく点としては重ね塗りの作業か挙げられます。大倉山でも一般的には重ね塗りというのは下塗り、中塗り、上塗りの3回施します。ただ、日射が当たる南の方角等、劣化が厳しい所は4回行う事もある一方、いたみが少ない部分については2回となる事もあります。重ね塗りを何回するかで用いる塗料の分量も金額も差が出てきますのできっちり目を通しておきましょう。見積もり書では、重ね塗りを何回行うかをチェックし、省かれている時は質問するようにして下さい。曖昧な答えをしてくるところは、やめた方が安全です。