外壁塗装会社というと直接営業が少なくないといったイメージが大塚でももたれています。ちらしをいれてくるのみならず、壁の塗装をしませんかと突然おとずれることもよくあります。何故戸別営業が多いのかというと、そのわけは建物の壁が外から見えてしまうからです。営業担当者は住宅街を彷徨い、一軒ずつ家の壁を見ていき、外壁部分が老朽化しているところを選んで訪ねてくるというわけです。無作為にたずねてくるというわけではなく、壁の塗り替えをしたほうがよい所を選んでおとずれるのですが、時には、面倒な直接営業をしてくるようなところもあるため気をつける必要があります。

壁部分が汚れてきたら、壁の塗り替えの時機になったと思ってください。見栄えが違っているということは、塗膜が風雨等で組織を分解されてきているという事です。部分的に塗装材が取れてきているときも同様になります。より劣化すると壁を手で触れた際に塗料が手につくようになります。この現象を白亜化と言い、大塚でもこうなったら塗り替えの時機と考えていいです。