外壁のように屋根の整備についても重要になります。屋根は壁とくらべても風雨の影響を受けますので老朽化も早くなる場所ですが、そうそう目に入らない部位ですし、痛みを気にかけている方も三井郡大刀洗町では多くないです。老朽化が進むと、家の内側に水が入ってきて腐敗等が発生してくる場合もあるので、一定期間での整備も大切です。サイクルはというと外壁と同様に七、八年位から10年前後にて塗り替えをしていくのが原則ですが、日本瓦は塗り替えを行う必要はないです。

壁の分類ではモルタルとサイディングボードが三井郡大刀洗町でも多数で、その他には板張り等となっています。モルタルというのは、砂やセメントなどをまぜたモルタル材を左官職人が壁につけて、塗料を塗って作るもので、サイディングボードが普及する以前は日本の家屋の多くをしめていました。この頃の主流はサイディングボードを利用した壁で、前もって工場などにて作成されたサイディングと呼ばれる外壁材を貼る形で作り上げていきます。いずれも周期的な壁の塗り替え作業が欠かせない点では同じになります。