壁にコケなどが発生すると外見がよくないだけでなく、壁の素地の老朽化が進んでいると判断してください。かび汚れは太陽光が当たらない部分に生じやすく、カビを防止する効果が弱い塗装を利用しているケースではすぐにも現れてきます。建築の時には、必要経費をカットするために塗装にお金をかけられないというような事も多数あり、そのようなときには塗膜の劣化も早いです。もっといたむと破損なども発生し、香取市でも修繕費は高額になってきますから、すぐにも壁の塗り替えを行う事が必要です。

外壁の塗り替えの見積り書が提示されたときに目を通す項目としては重ね塗りの回数か挙げられます。香取市でも一般的には重ね塗りというのは上塗りと中塗り、下塗りの三回作業します。とはいえ、日射を受ける方角など、傷みがひどい壁というのは四回施工する事もあり、劣化が少ないところについては二回となることも考えられます。重ね塗りの回数によって用いる塗装材の分量も金額も異なりますのできっちりと気をつけましょう。見積り書については、これらを何回やるかを見て、記述がないときは質問をぶつけてみるようにして下さい。いい加減な答えをしてくる会社は別のところにした方が無難です。