建物の外壁に起こりがちな問題としては、ひび割れ、カビやコケなどがありがちです。ヒビ割れはというと乾きや家の歪みなどによっておこりますが、多くのケースでは修理可能です。カビ汚れというのはジトジトしたところにつきやすく、塗装材の防かび剤の効力が低かったりした時に起こりがちです。すぐに対応する事態ではありませんが見栄えも汚いですし、そのままで何もしないでいると劣化しますので外壁の塗装を施すこともありです。塗装の皮膜が落ちるという事は比企郡滑川町でもそれほどないですが、ほとんどの場合は施工上の過失です。

壁部分にかび等ができると見栄えがよくないことはもちろん、壁の下地が傷ついていると思っていいです。コケは陽が当たらないところにできやすく、防かび剤の効力が弱い塗装にて施工されている場合は早い段階であらわれます。家を建築する時には、費用をおさえるため塗装材の品質を落とすというようなことも少なくなく、そのような場合には塗料の老朽化も早いです。さらに劣化するとクラック等も生じ、比企郡滑川町でも補修費は多くなりますので、早い段階で塗り替えを施すことが必要です。