塗り替えのちらしに十年間長期保証ですと明記している所も辻堂では少なくないようです。10年保証なら満足だといった人も多いですが、確認しておきたいのは保証の内容です。多くの場合は保証が効くのは壁の部分のみで、外壁から塗料がはがれたときだけ保障が効きます。とはいえ、外壁から塗装材が剥がれる事態はあまりないですし、外壁にくらべたら剥がれやすい鉄部などというような箇所は10年保証と認められず、長くても3年前後といった保証の中身であることが少なくありません。

壁の塗り替えについての見積もりが提示されたときにチェックしておく点としては、重ね塗りの工程があります。辻堂でも通常は重ね塗りというのは三回やります。また、日光をうける方向等、劣化が激しい壁は4回やる事もありますし、日射が当たらない所については2回になることも考えられます。重ね塗りを何回やるかで使う塗装材の量も費用もちがってきますのでしっかり見ておきましょう。見積り書については、これらを何回行うかに気をつけ、書いていないときは訊ねるようにして下さい。うやむやな返答をしてくる感じの会社は避けるようにした方が賢いです。