家の壁の種類としてはモルタルの壁、サイディング材というのが遠田郡美里町でも普通で、それ以外だとトタンや板ばり等になります。モルタル外壁というのは、砂とセメント等をかき混ぜたモルタル材を左官屋が壁につけて、その上に塗装をして作るといった工法で、サイディング材が現れるまでは大多数をしめていました。最近の大半はサイディングボードを使った外壁で、さきに工場等にて作られたサイディングと言われる外壁材をくっつけていくように仕上げていきます。両方とも何年かおきの外壁の塗装作業は欠かせないという点では変わりません。

持ち家の壁の塗装を依頼する時期というのは、家が完成してから、または前の外壁の塗り替えから、普通は遠田郡美里町でも10年前後です。無論、使用している塗料等によっても異なりますが、平均してそれくらいです。時には、新築の際に粗悪な塗料を利用していたり、もとより塗装材 自体をつかっていなかったりすることもあり、その時はどんどん外壁が劣化してしまうというような事も少なくありません。壁の塗り替えはひび等を押さえるといった目的もありますので周期的に行うようにしましょう。