壁のように屋根の整備も必要になります。屋根というのは外壁と比較しても日差しをうけるので痛みやすい部分なのですが、ふだんは見えない所ですし、痛みに気づく方も加賀郡吉備中央町では多くはありません。傷んでいくと家の内側に水分が入り腐敗等が生じる場合もあるため、周期的なメンテナンスが必須になります。時期はというと外壁と同じく七、八年程度より十年前後にて屋根の塗装を行うのが原則ですが、瓦の屋根は塗り替えはしなくても大丈夫です。

建物の壁部分に汚れが目立つようになったら壁の塗り替えの時機だと考えて大丈夫です。見かけが異なってきているということは塗膜の表層が日差しなどで樹脂層が離脱しているという事です。一部だけ塗装材がとれてしまっている場合も同様になります。さらに老朽化すると外壁部分を指で触れた時に塗料が付着してきます。このことをチョーキングと称し、加賀郡吉備中央町でもこの現象になったら外壁塗装のタイミングとされています。