郡上市でも塗り替えは見た目をきれいにしておくという意味にかぎらず、元々は家を耐水して守っていくことが狙いです。外壁というのは塗装にておおうことによりまもられているのですが、時が経っていくうちに老朽化が進み、ヒビ割れが起きたりしてしまいます。そのような状態になると建物を守る事が難しくなって、下地などの家のつくりにまで影響が及ぶことも考えられます。外壁が劣化してから塗り替えを行うのでは手遅れですから、そうした状態を防止するためにも周期的な塗り替えは必要です。きっちりメンテナンスを行う事によって家の価値も高まります。

壁と同様に屋根のメンテも必須です。屋根は外壁と比べても風雨の影響を受けるので傷つきやすくなる箇所ですが、そうそう目にしない場所ですし、いたみを気にしている方も郡上市では多くはありません。劣化が進むと、家の中に雨水が入り込んでカビなどの原因になる時もあるため、周期的な管理も必要になります。時期は壁と同じくおよそ7,8年くらいから10年位にて屋根の塗り替えを行うのが通常のやり方ですが、瓦は塗り替えは不要です。