家の壁にはサイディング材という板上の外壁も雑司が谷ではよくつかわれています。サイディング材というのはメンテが必要ないというようなイメージをもつ人も多数いるようですが、モルタル外壁の場合のように外壁の塗り替えは必須です。およそ10年くらいで塗り替えを施せば、だいたい30年程度はもちますが、塗装をしないと早々にヒビ割れなどのような症状によって使用できなくなってしまうこともあります。サイディングボードでも表面は塗膜によって保護されている事に変わりはありません。

外壁の塗装業者は飛び込み営業をしてくるというようなイメージが雑司が谷でも持たれます。ポスティングちらしを撒いてくるのみならず、外壁の塗り替えをさせてもらいますよというように直接セールスしてくるケースも多くなっています。どういう理由で直接営業をするのでしょうか。その理由は壁が外から見えてしまうからです。業者の営業は、町を徘徊して、一軒ずつ建物の壁を調査していって、外壁部分がいたんでいる住まいを選択しておとずれるのです。無作為に訪れるというわけではなく、外壁塗装が必要な家を選んでやってくるのですが、時には、迷惑な飛び込み営業を行っているような悪徳業者もあるので注意しなくてはなりません。