壁には、サイディングボードという外壁材も糟屋郡新宮町では多く利用されています。サイディング材ならば整備をしてなくて良いといった印象をいだく人も多いと思いますが、モルタルの壁と同じく壁の塗り替えは不可欠です。だいたい10年程度で塗り替えを施せば、三十年程度はつかえますが、塗り替えをせずにいると早期にひびなどのような異常によって使えなくなってしまいます。サイディングボードでも表面は塗装により守っているということは同じです。

糟屋郡新宮町でも壁の塗り替えには見栄えをかっこよく保持する目的だけにとどまらず、もともとは建造物を防水でガードするのが役目になります。外壁というのは塗装の塗膜にてカバーすることによって守られているのですが、時間の経過につれて傷んでいき、剥がれてしまったりしてしまいます。そのような感じになると家屋を保全する事ができなくなって、下地などの建物の内部にまで痛んでいく可能性がでできます。壁の劣化が進んでから塗り替えを行うということでは手遅れなので、そのようなことを回避するためにも定期的な外壁の塗装作業は必須です。しっかりと手入れをする事により建築物の値打ちも高くなります。