外壁の塗装の広告ビラに10年間保証ですというように記述してあるところも四ツ谷では多いと思います。10年もあれば大丈夫だというような人もたくさんいますが、気をつけておきたいのは保証の内容です。だいたいのケースでは保証が認められるのは外壁部分だけで壁から塗装材が落ちてしまったケースのみ保障が認められます。とはいえ、壁から塗装材が剥がれるというケースはめったにありませんし、外壁にくらべて落ちてしまいやすい鉄部やトタンなどといった場所は10年間保障の対象にはならず、長くて二,三年くらいといった保障の中身であるケースがたいていのようです。

持ち家の外壁塗装を依頼する時機というのは、家を建ててから、あるいは以前の壁の塗装からの年数でいうと、普通、四ツ谷でも十年程度になります。当然、気象条件等で変動しますが、標準としてそのような感じになります。時には、新築の際に粗悪な塗装材 を利用していたり、もとより塗料さえも利用してない場合もあり、そのときには数年で壁部分がいたみはじめるということも少なくないです。壁の塗り替えというものはひび割れ等を防止するというような狙いもありますので定期的に行うようにしましょう。